軽自動車税に環境性能割が創設されます

公開日 2019年08月09日

最終更新日 2019年08月09日

 10月1日から軽自動車税に新たに「環境性能割」が創設されます。現行の軽自動車税は「種別割」へと名称が変わります。

 この改正に伴い、軽自動車税は、「環境性能割」と「種別割」の2つで構成されることになります。

 詳しくは、添付ファイルをご覧いただくほか、お問い合わせください。

◆環境性能割について
 自動車取得税(県税)が廃止され、10月1日以後の自動車及び軽自動車の取得に対して適用されます。(取得価格が50万を超えるもの)

◆種別割
 対象の車種及び税率に変更はありません。次の課税は、令和2年4月1日現在で所有している車両に対して適用されます。

総務省ホームページ(外部リンク)
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/131410.html
 

令和元年度 軽自動車税《税率一覧》[PDF:328KB]

 

問い合わせ先 税務室 内線210・241

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード