林業における労働災害防止対策の徹底について

公開日 2020年04月15日

最終更新日 2020年04月15日

今年に入り岩泉町内で林業現場における死亡事故が続いて発生しています。

いずれも林業機械で作業中に作業道から転落し、運転手が被災しています。

林業の労働災害の未然防止について、下記重点取組事項に十分留意のうえ、現場での安全管理を徹底してください。

 

1 重点取組事項

 (1)伐木造材作業における安全作業の徹底

 (2)車両系林業機械作業における安全作業の徹底

 (3)作業現場の緊急連絡体制の確認(1人作業の禁止)

 

2 死亡事故発生状況

発生年月日 性別 年齢 発生市町村 発生状況
R2.1.14(火) 70才 岩泉町

林業機械(グラップル)で集材作業中に作業道下の斜面に転落し死亡。

死因は全身を強く打ったことによる出血性ショック。

R2.4.7(火) 76才 岩泉町 

重機で作業道の拡張作業中に重機ごと約8メートル転落し死亡。

死因は胸部の圧迫による窒息。

 

3 岩手県の林業労働災害発生件数 (岩手県労働局資料)

年次 H25 H26 H27 H28 H29 H30 R1
死傷者数 61(3) 71(0) 55(3) 60(3) 56(4) 41(2) 42(0)

※( )は死亡者数で内数            

※R1年次は速報値