福祉関係の募集案内

公開日 2021年01月01日

最終更新日 2021年01月27日

福祉関係の募集案内


 

■福祉関係の分野

①重層的支援体制整備事業を立ち上げ隊(募集人数:2名) 

 岩泉町の少子化、超高齢化は全国でもトップグループを走っており、近年、今までの地域の暮らしでは想定していなかった様々な問題が複数絡み合ったものが顕在化してきています。

 当町では、国のモデル事業を活用して包括的支援体制の整備を目指してこの問題に取り組んできましたが、令和3年度から、国の重点的支援体制整備事業を活用して当町型の包括的に問題を解決するモデルを確立することになりました。

 事例があまりない中で、当町の地域性に合った事業の推進は試行錯誤の連続となることが予想されますが、やりがいのある仕事になると思っています。

 地域おこし協力隊の地元住民と異なった視点から、問題点の指摘、改善策の提案などを行って、当町の職員や関係団体と一緒にモデルを確立し、軌道に乗せることを目指します。

 具体的には、町の委託先に所属して、事業者とともに重層的支援事業の体制整備の提案、関係者調整、要支援者からの相談対応、ケース会議の開催等を行います。

 

②子育てし隊(募集人数:4名) 

 岩泉町の年間の出生数は40~50人程度ですが、広大な面積に集落が点在しているため、児童が通園する施設は、認定こども園が3園、民営保育所が1か所となっています。

 町は年間を通じて保育士を募集していますが、応募が芳しくなくずっと保育士等が不足している地域です。

 地域おこし協力隊員には認定こども園での保育を担っていただき、子ども達がますます元気になれるようなお手伝いをしていただきます。

 

 ③困りごと解決し隊(募集人数:2名)

 岩泉町は高齢化が著しく進んでおり、60歳以上が人口の半数を超えています。

 広大な面積に集落が点在しており、以前は集落の住民が協力して高齢者のお手伝いをしてきましたが、その協力者も高齢化して集落の力だけでは問題を解決できなくなっています。

 そこで、地域おこし協力隊の地元住民と異なった視点から、困っている人の問題の掘り起こしや問題の解決の糸口を探し、関係機関が連携して持続した生活ができるようにすることを目指します。

 具体的には、高齢者などの訪問、困りごと相談・解決、避難行動要支援者の状況把握・避難行動計画の作成、相談者と関係機関とのネットワーク作成などの内容から、協力隊として参加する人の希望を聞きながら活動内容と活動する団体を決定します。

 

※応募必須条件となっている普通自動車運転免許以外で必要な資格として、②については、保育士、幼稚園教諭、看護師、准看護師、小学校教諭のいずれか、①と③については必須ではありませんが、社会福祉士などの福祉・保健資格を持つ方、または取得を目指す方が望ましいです。なお、福祉関係については10代から65歳までの方が応募可能となっております。
 

会議 保育  なんでも屋

       

 

 

お問い合わせ

岩泉町役場
住所:〒027-0595 岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字惣畑59-5
TEL:0194-22-2111