本文へ移動

令和元年度決算の公表

記事番号: 1-9056

公開日 2020年10月06日

更新日 2020年10月06日

8会計で173億円支出

 令和元年度の一般会計と特別会計の歳入歳出決算は、第3回町議会定例会に提案され、決算特別委員会の審査を経て、9月18日の本会議で認定されました。

 一般会計と国民健康保険などの特別会計を合わせた8会計の歳入総額は182億7,060万円で、歳出総額は172億6,257万円でした。

 一般会計の収支状況は、歳入が140億2,170万円、歳出が131億4,695万円で、差し引きで8億7,475万円。前年度からの繰越金や基金の増減を反映させた実質単年度収支では、1億9,107万円の赤字でした。

 前年度との比較では、歳入が56億4,004万円、28.7%の減、歳出は44億4,743万円、25.3%の減でした。

一般・特別会計歳入歳出決算額

一般・特別会計歳入歳出決算額
区分 歳入 歳出 差引
一般会計 140億2,170万円 131億4,695万円 8億7,475万円
国民健康保険特別会計(事業勘定) 12億1,520万円 12億77万円 1,443万円
国民健康保険特別会計(診療施設勘定) 4,014万円 3,739万円 275万円
後期高齢者医療特別会計 1億1,718万円 1億1,326万円 392万円
介護保険特別会計(事業勘定) 15億9,225万円 15億7,353万円 1,872万円
介護保険特別会計(サービス事業勘定) 1,121万円 981万円 140万円
簡易水道特別会計 8億4,224万円 7億7,521万円 6,703万円
観光事業特別会計 2億2,632万円 2億1,038万円 1,594万円
公共下水道事業特別会計 2億174万円 1億9,266万円 908万円
大川財産区特別会計 262万円 261万円 1万円
182億7,060万円 172億6,257万円 10億803万円

令和元年度歳入歳出決算書[PDF:17MB]

歳入

自主財源は27.4%

 一般会計の歳入の主な内訳は、地方交付税55億2,041万円(構成比39.4%)、繰越金20億6,736万円(14.7%)、国庫支出金19億6,431万円(14.0%)、町債13億8,700万円(9.9%)、県支出金10億1,123万円(7.2%)の順となっています。
 また、町税などの自主財源は38億4,197万円(構成比27.4%)で、前年度より14億4,909万円の減、地方交付税などの依存財源は、101億7,973万円(構成比72.6%)で、41億9,095万円の減です。

歳出

平成28年台風第10号豪雨災害からの復旧・復興予算 39.6億円

 一般会計の歳出の主な目的別内訳は、総務費26億4,889万円(構成比20.2%)、災害復旧費22億6,495万円(17.2%)、公債費18億1,764万円(13.8%)、民生費16億5,540万円(12.6%)、土木費11億8,936万円(9.0%)の順となっています。

 主な伸び率は、教育費26.3%、民生費1.4%、衛生費1.4%などです。一方、減少したのは、災害復旧費△58.7%、土木費△30.6%、消防費△27.8%、農林水産業費△26.8%などです。

 性質別歳出の内訳は、投資的経費(普通建設事業費・災害復旧事業費)が最も高く、42億8,735万円(構成比32.6%)、次いで公債費18億1,764万円(13.8%)、補助費等15億9,795万円(12.2%)、物件費13億2,881万円(10.1%)、人件費12億9,976万円(9.9%)の順です。

台風災害の主な事業

 台風災害の事業に要した費用は39億6,441万円です。皆様からいただいた寄附金(ふるさと納税を含む)4,250万円を充当させていただき事業を進めて参りました。ご寄附をしていただい皆さまに心よりお礼申し上げます。

台風災害の主な事業
内容 事業費(うち寄附金額)
安家地区複合施設の整備 2億8,662万円
応援職員や災害対応の事務費など 1億744万円
被災者の住宅再建補助など 6,429万円
被災者の見守りや相談 2,965万円
浄化槽設置への補助 1,059万円
飲料水共同施設などの災害復旧補助 4,848万円
町道の新設改良工事ほか 2,352万円
被災者用移転地の整備 3,081万円
災害公営住宅の整備 5億8,949万円
生活橋の災害復旧補助 8,065万円(4,250万円)
地区集会施設の災害復旧補助 2,105万円
公共土木施設の災害復旧 11億965万円
林道施設の災害復旧 5億5,087万円
農地・農業用施設の災害復旧 884万円
情報通信施設の災害復旧 3億1,234万円

「生活橋」の復旧状況

 台風災害で被災した生活橋は、令和2年9月末時点で27橋が復旧を完了しています。

復旧した生活橋(岩泉町鼠入地内)

<写真:復旧した生活橋(岩泉町鼠入地内)>

基金と町債残高

 令和元年度末の8会計の貯金に当たる基金残高は、69億4,600万円でした。
 借金に当たる町債残高は、181億1,796万円でしたが、町債には、返済した金額の一部が地方交付税として交付されるものがあり、その金額を差し引いた町が実際に負担すると見込まれる額は、54億4,890万円です。

地方消費税交付金充当状況[PDF:149KB]

お問い合わせ

総務課
住所:〒027-0595 岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字惣畑59-5 本庁舎3階
TEL:0194-22-2111
財政管財室 財政担当
TEL:(内線:307)
補足:ぴー00-0314
ページの先頭へ戻る