旧岩泉駅舎(岩泉観光センター)

公開日 2021年03月31日

最終更新日 2021年03月31日

昭和47年に岩泉駅まで開通した住民待望の岩泉線。平成22年の土砂崩れの後、復旧叶わず平成26年に廃線。

それ以来、しばらく寂しい感じではありましたが、令和2年に町内外の有志を中心に改装作業が進められ、

みんなの「岩泉線愛」が詰まった場所になりました。

岩泉線のことを愛してやまない方々が、この場所を訪れ、懐かしいひと時を過ごしていただければ幸いです。

 

 

平日は、駅舎内・ホームは見学自由(8時~18時頃)

 

※土日は基本的に施錠されており、入ることができません。ご注意ください。

 

キハ黒板 入口駅名標  

キハ52黒板には、全国から訪れたファンの方からのメッセージが書きこまれます。

 

改装前の状況(令和2年3月撮影)

 

カウンターから

  

廃線になって以来、建物の1階部分は時が止まったようでした。

平成28年の台風10号災害のあとはコインランドリーが設置されるなどして、切符売り場も見えない状態でした。

 

 

令和2年10月から改装作業本格化

 

さてどうしようか  

溶接 高いところへ貼り付け

 

町の呼びかけで集まったボランティアみんなで相談し、試行錯誤しながら改修作業を進めました。

絵を描く人、溶接や大工仕事ができる人、資料作りが得意な人、お掃除が得意な人など

それぞれが得意分野で大活躍。

 

 

令和3年3月20日 完成

 

 集合  駅長対面 

 

沢山の方々の協力で駅舎の改修が完成。 

駅開業時から切符販売を40年担当した遠藤信夫さん(94)も改装完了日に姿を見せてくれました。

切符売場では、駅長さんのイラストが皆様をお出迎えします。

町に住む人も、町外からくる方も、懐かしいひと時を過ごしていただけますように。

 

 

 

旧岩泉駅舎でイベント・物販しませんか

 

実際に使われていた駅舎の中で、自分でイベントを開催できるのは、全国でもあまり例がないのでは?

公共施設のため、各種決まりごとはありますが、ご興味ある方は、先ずはお気軽にご相談ください。

土日祝日の開催も可能です。

 

場所:旧岩泉駅舎1階部分(正式名称:岩泉観光センター)

時間:午前7時から午後8時まで

使用料

(1)行商(物販)・・・一人につき日額310円(長テーブル1台分程度)

(2)イベント・展示会当・・・一日につき3,300円

 

 岩泉駅正面※掲載情報は令和3年3月30日時点の情報です

岩泉駅跡地 地図

 

 

問合せ先

岩泉町役場経済観光交流課 観光交流室 電話 0194-22-2111 内線(554)