宇霊羅山

公開日 2021年06月11日

最終更新日 2021年07月08日

宇霊羅山(うれいらさん) 

岩泉を象徴する山で、名前はアイヌ語の「霧のかかる峰」に由来します。

標高600.5m、山登り初心者にもフレンドリーなコースです。

石灰岩植物の宝庫で季節ごとに姿を変える山肌と絶壁は登山者を魅了しています。

この山の麓から龍が飛び出し、泉が湧き出て龍泉洞が誕生したという伝説が残っています。

途中の展望台からは、岩泉の中心街が直下に一望でき、町がハートの形に見えます。

登山時期:4月~11月 

所要時間:往復2~3時間

宇麗羅山

                      (展望台からの景色)

 

春  45846535_10161147765025215_9133088783456010240_n

                (春)                         (夏)

秋  1snow day

         (秋)                          (冬)
 

 

宇霊羅パンフ(ポケットサイズ)-2宇霊羅パンフ(ポケットサイズ)-1

 

 

 

 

お問い合わせ 

 経済観光交流課 観光交流室 TEL 0194-22-2111(554,544)  FAX 0194-22-5577

(一社)岩泉町観光協会      TEL 0194-22-4755   FAX 0194-22-4911

岩泉地域振興協議会     TEL 0194-22-2111(528) FAX 0194-22-4545