豪快・銀鱗・岩泉小本須久洞定置網

2010年12月24日 | カテゴリー:ニュース

岩泉町小本の須久洞(すくどう)は定置網漁場。
今は鮭漁の時期で、17日早朝には約2、600本の水揚げがあり、浜は活気づいている。
同日午前1時45分、小本浜漁協(金沢勘兵衛組合長)所属の2隻が同町小本の茂師(もし)漁港を出港。
沖合800メートルの漁場までは約20分。 乗組員が定置網をたぐると、銀鱗(ぎんりん)が作業灯に照らされた。

20101218-3
▲ 2艘が一体 2艘の船尾をつなぎ定置網漁が始まる

20101218-1020101218-16
▲ 手繰る  2艘の乗組員が網を手繰る

20101218-28
20101218-3020101218-35
20101218-36
▲ 豪快・定置網漁  甲板は水揚げした魚類の選別で戦場と化す

20101218-40
▲ 魚市場へ直行  

20101218-49
▲ 迎え船の準備着々(宮古魚市場)
20101218-59
▲ さあ水揚げ(宮古魚市場)

  流れるように作業が進む・・・・・・

20101218-6520101218-6620101218-7120101218-7420101218-85
▲ 小本漁協の水揚げ作業システムは全国でも先進的


ブログランキングに参加しています。 ご協力よろしくお願いしますm(_ _)m

岩手県ブログランキング