産直完成に向けにぎわう、小本浜実験市

2016年7月19日 | カテゴリー:ニュース 情報 東日本大震災

小本浜漁協(三田地和彦会長)は7月17日(日)、小本漁港小浜集荷所で第2回小本浜実験市を開催しました。

来年に完成を予定している小本地区の産直施設オープンを見据えて、地元の海産物や川サケを使った串揚げ「小本浜鮭ん坊」といった加工品などが並び、大勢の買い物客でにぎわいました。

旬の魚介を使用した小本汁の振る舞いや殻付きウニの無料配布に来場者は、長蛇の列を作っていました。

★IMG_6660

地元の海産物でにぎわう会場

★IMG_6668

新鮮な魚を買い求める来場者

★IMG_6696

買ったばかりの魚介類を味わう姿

★IMG_6709

小本汁を受け取る子ども

★IMG_6730

ウニの配布を待ちきれない子どもたち

岩泉地区から訪れた馬場結豊(ゆいと)くん(5歳)と統豊(のりと)くん(3歳)は「お魚を楽しみにして来ました。これから焼いて食べます。特にホタテが楽しみです」と顔をほころばせていました。

 


ブログランキングに参加しています。 ご協力よろしくお願いしますm(_ _)m

岩手県ブログランキング