平成28年台風第10号災害「り災証明書」「被災届出証明書」の発行について

公開日 2016年09月30日

最終更新日 2018年03月20日

平成28年台風第10号災害 り災証明書の発行について

町では、平成28年台風第10号により居住していた建物に被害を受けた方に、「り災証明書」の発行をしています。また、被害を受けた建物の所有者(納税義務者又は納税管理者含む)の方にも同じく発行ができます。

1 交付内容及び申請できる方

(1) 居住者用 り災証明書

平成28年台風第10号により居住していた建物に被害のあった方(世帯員)

(2) 所有者用 り災証明書

平成28年台風第10号により所有注1していた建物に被害のあった方

 注1:納税義務者または納税管理者も申請が可能です。

2 受付時間  午前8時30分から午後5時15分まで

3 申請受付場所  町民課及び各支所

4 手 数 料  無  料

5 申請に必要なもの

(1) 居住者用 り災証明書

・窓口にこられた方の身分証明書(運転免許証、マイナンバーカード、保険証など)

・委任状(世帯主または同一世帯員以外の方が申請する場合に必要です。申請書の委任状欄もご利用いただけます。)

・住民基本台帳の記載住所と被災場所が違う場合または記載がない場合は、居住していたことが証明できる書類(電気や水道の検針票等で居住事実が確認できる書類)

(2) 所有者用 り災証明書

・窓口にこられた方の身分証明書(運転免許証、マイナンバーカード、保険証など)

・物件所有者以外の納税義務者又は納税管理者の方は、固定資産税納税通知書や固定資産税公課証明書など物件との関係が分かる書類

・委任状(所有者(納税義務者または納税管理者)以外の方が申請する場合に必要です。申請書の委任状欄もご利用いただけます。)

 

6 注意事項

・一人約15分かかりますのでお待たせいただく場合があります。

・被害認定が終了していない場合は、申請に基づき調査した後に証明書の発行となります。

・原則1枚のみの発行となります。使用の際は、「コピー」の添付が可能かを提出先にご確認ください。証明書が複数必要となった場合は、「原本証明」を発行しますので、町民課または各支所にご相談ください。

・「所有者用り災証明書」では生活再建支援金の申請はできません。

様式:01【様式】居住者用 り災証明申請書(住民基本台帳登録者用)[DOCX:23KB]

様式:02【様式】居住者用 り災証明申請書(住民基本台帳登録外用)[DOCX:23KB]

様式:03【様式】所有者用 り災証明申請書[DOCX:23KB]

 

平成28年台風第10号災害 被災届出証明書の発行について

 

町では、平成28年台風第10号により居住住家以外の不動産被害や家財等の動産被害など、共済保険や財物任意補償などに被災の状況を証明する書類を添付する必要がある方に「被災届出証明(受理証)」を発行します。

申請書に写真及び申請者本人が所有又は管理をしていることが分かる書類を添付のうえ申請してください。

手数料は無料となります。審査後に郵送で証明書(受理証)をお届けします。

なお、「被災届出証明(受理証)」提出先から、本証明は手続きに使用できない旨のお話がありましたら、お問い合わせください。

様式:04【様式】被災届出証明書願[DOCX:18KB]

 

■■ 参 考 ■■

り災証明書、被災届出証明の発行及び被災者情報の管理は、岩手県被災者台帳システム(NTT東日本提供)を使用して行います。

 

 

 

お問い合わせ

総務課
住所:〒027-0595 岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字惣畑59-5 本庁舎3階
TEL:0194-22-2111
総務課 総務文書室
TEL:(内線:306)