災害対策基本法の改正による避難情報の変更について

公開日 2021年05月20日

最終更新日 2021年05月20日

災害対策基本法が改正され、令和3年5月20日から、避難勧告が廃止され、避難指示に一本化されます。
警戒レベル3以上の名称が以下のとおり変更となりますので確認してください。

警戒レベル3 高齢者等避難(旧:避難準備・高齢者等避難開始)

避難に時間のかかる高齢者や障がいのある人は、警戒レベル3(高齢者等避難)で危険な場所(土砂災害警戒区域や洪水浸水想定区域)から避難しましょう。
また、高齢者等以外の人も、必要に応じて避難の準備をしたり、危険を感じたら自主的に避難するタイミングです。

警戒レベル4 避難指示(旧:避難勧告、避難指示(緊急))

避難勧告は廃止され、避難指示に一本化されます。
(避難指示はこれまでの避難勧告のタイミングで発令されることになります。)
これからは、警戒レベル4(避難指示)で危険な場所から避難しましょう。

警戒レベル5 緊急安全確保(旧:災害発生情報)

すでに安全な避難ができず、命が危険な状況です。
危険な場所にいる方は、警戒レベル5の発令を待たず、警戒レベル4までに必ず避難してください。

避難情報に関するチラシページ1避難情報に関するチラシページ2

新たな避難情報に関するチラシ[PDF:535KB]

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード