復興の力になりたい!~小本小、大牛内分校の児童が町に寄付~

2015年7月1日 | カテゴリー:東日本大震災

6月30日(火)、岩泉町立小本小学校(北田光志校長、児童54人)と同大牛内分校(児童11人)の6年生18人が、修学旅行で行った特産品販売の売上金約3万7千円を、町に寄付しました。贈呈式は、分校体育館で行われ、児童代表から「私たちの学校や小本のまちを造るために役立ててください」と、伊達勝身町長に手渡されました。

IMG_7525

小本小学校は23年3月に発生した東日本大震災による津波で校舎が被災し、現在は大牛内分校に隣接した仮設校舎に通っています。新校舎は現在建設中で、28年3月に工事が完了する予定です。(下の写真は現在の小本小学校)

IMG_7514


ブログランキングに参加しています。 ご協力よろしくお願いしますm(_ _)m

岩手県ブログランキング