○岩泉町高性能林業機械化促進事業補助金交付要綱

令和元年8月13日

告示第33号

(目的)

第1条 この告示は、岩泉町補助金交付規則(昭和38年岩泉町規則第7号。以下「規則」という。)に基づき、林業事業体等が広葉樹生産を目的とした高性能林業機械の整備に要する経費に対し、予算の範囲内で岩泉町高性能林業機械化促進事業補助金(以下「補助金」という。)を交付することにより、広葉樹資源の活用による持続可能な地域林業の産業化を図ることを目的とする。

(対象者)

第2条 補助金の交付を受けることができる者(以下「対象者」という。)は、森林組合及び素材生産業者とし、町内の工場と広葉樹原木安定供給に係る協定を締結したものとする。

2 前項の規定にかかわらず、対象者(個人にあっては当該対象者と生計を同一とする者を含む。)が町税、保険料、使用料等で町長が定めるもの(法人にあっては当該法人名義のものに限る。)を1年以上滞納している場合は、補助の対象としないものとする。ただし、町長が特別の理由があると認めた場合は、この限りでない。

(補助金の交付の対象及び補助額)

第3条 補助金の対象となる経費及びこれに対する補助額は、別表第1のとおりとする。

(補助対象期間)

第4条 補助金を交付する期間は、高性能林業機械を導入した日から5年以内の期間とする。

(交付決定の取消し)

第5条 町長は、補助金の交付の決定を受けた者(以下「交付決定者」という。)次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、補助金の交付の決定の全部又は一部を取り消し、既に交付した補助金の全部又は一部を返還させるものとする。

(1) 補助金を補助事業以外の用途に使用したとき。

(2) 補助金の交付の決定の内容及びこれに付した条件に違反したとき。

(3) 法令又は規則に違反して補助事業を行ったとき。

(4) 虚偽の申請その他不正の手段により補助金の交付の決定又は交付を受けたとき。

(5) その他町長が不適切と認めるとき。

(前金払)

第6条 町長は、必要があると認めたときは、補助金の交付決定額の10分の9以内の前金を支払うことができる。

2 交付決定者は、前項に規定する補助金の前金払を請求しようとするときは、岩泉町高性能林業機械化促進事業補助金前金払請求書(様式第5号)により、町長に請求しなければならない。

(提出書類及び提出期日)

第7条 規則に定める書類及びこれに添付する書類並びに提出期日は、別表第2のとおりとする。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか、高性能林業機械化促進事業の実施に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、令和元年8月13日から施行し、平成31年4月1日から適用する。

附 則(令和2年12月7日告示第98号)

この告示は、令和2年12月7日から施行する。

別表第1(第3条関係)

対象経費

補助額

広葉樹の生産を目的に高性能林業機械をリース方式により導入する場合に要する経費(消費税及び地方消費税を除く。)のうち、当該年度(4月1日から翌年3月31日までの期間をいう。)にリース事業者に支払う経費

対象経費に3分の1を乗じて得た額

別表第2(第7条関係)

条項

提出書類及び添付書類

様式

提出部数

提出期日

規則第4条の規定による書類

岩泉町高性能林業機械化促進事業補助金交付申請書

第1号

1部

別に定める

1 事業計画書

第2号

1部

規則第6条第1項第2号及び第3号の規定による書類

岩泉町高性能林業機械化促進事業変更(中止・廃止)承認申請書

第3号

1部

変更(中止廃止)の理由の生じた日から10日以内

1 事業計画書

第2号

1部

規則第13条第1項の規定による書類

岩泉町高性能林業機械化促進事業補助金交付請求書

第4号

2部

別に定める

1 事業実績書

第2号

2部

画像

画像

画像

画像

画像

岩泉町高性能林業機械化促進事業補助金交付要綱

令和元年8月13日 告示第33号

(令和2年12月7日施行)