人工透析などの特定疾病で長期間高額な治療を必要とするとき(特定疾病療養受給者証)

公開日 2015年03月04日

最終更新日 2019年12月20日

8 人工透析などの特定疾病で長期間高額な治療を必要とするとき

 ○ 長期にわたって高額な治療を必要とする特定疾病の人は、医療機関に特定疾病療養受給者証を提示すれば、自己負担限度額が1医療機関につき、1ヶ月1万円となります。

 ○ 受療証は、町に申請して交付を受けることができます。

◆手続きに必要なもの

 ・印鑑

 ・特定疾病療養受療証交付申請書《08-1 特定疾病療養受療証交付申請書(国保様式)[DOC:36KB]

(医師の意見欄の証明が必ず必要です)

 

~特定疾病~

○人工透析が必要な慢性腎不全

(70歳未満の上位所得者の自己負担限度額は、1ヶ月2万円となります。)

 ○先天性血液凝固因子障害の一部

 ○血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

 

・特定疾病療養受療証更新申請書《08-2 特定疾病療養受療証更新申請書(国保様式)[DOC:32KB]

 

お問い合わせ

町民課
住所:〒027-0595 岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字惣畑59-5 本庁舎2階
TEL:0194-22-2111
町民課 国保年金室
TEL:(内線:224)