国民年金について

公開日 2010年03月02日

最終更新日 2017年02月24日

1.国民年金に加入する人

日本国内に住所のある、20歳以上60歳未満の人は、すべて国民年金に加入します。

加入者は、次の3種類に分けられます。

第1号被保険者

農林漁業、自営業、学生など厚生年金保険に加入していない人
(被保険者自身が保険料を納付します)
保険料の額

  • 平成27年度 月額15,590円
  • 平成28年度 月額16,260円

第2号被保険者

会社員、公務員など厚生年金保険や共済組合に加入している人
(保険料は給料から天引き)

第3号被保険者

会社員、公務員など厚生年金保険に加入している人に扶養されている配偶者
(本人負担なし 、配偶者が加入している被用者年金制度から拠出されます)

2.希望すれば国民年金に加入できる人

◆海外に住んでいる20歳以上65歳未満の日本人

◆60歳以上65歳未満の人で、満額の年金を受けられない人

◆65歳以上70歳未満の人で、年金の受給資格期間を満たしていない人

3.国民年金に加入していると、次の年金がもらえます。

(年金額は平成28年度の金額です)

★老齢基礎年金

老齢基礎年金は、国民年金の加入者であった方の老後の保障として給付され、65歳になったときから受給できます。

老齢基礎年金は、保険料納付済期間(厚生年金保険や共済組合の加入期間を含む)と保険料免除期間などを合算した資格期間が、原則として25年以上ある場合に、終身にわたって受け取ることができます。

年金額 年額 780,100円
※金額は20歳から60歳までの40年間保険料を納付したときの満額です。納付した年数が不足すると減額されます。

★障害基礎年金

国民年金加入中にケガや病気で障害が残ったとき(障害等級の1級、2級)に受けることができます。ただし、初めて診療を受けた時点で納付要件を満たしている必要があります。
1級障害 年額 975,100円
2級障害 年額 780,100円
※生計を共にする18歳未満(障害を持つ子20歳未満)の子がいる場合は子の加算があります。

★遺族基礎年金

国民年金の加入者が亡くなったとき、亡くなった人によって生計を維持していた18歳未満(障害を持つ子20歳未満)の子がいる妻または子が受け取ることができます。ただし、死亡した時点での納付要件を満たしている必要があります。
妻に子が1人いる場合
年額 1,004,600円
子が受ける場合 1人のとき
年額 780,100円
※子が2人以上の場合、人数によってさらに加算されます。

★寡婦年金

1号被保険者期間としての保険料納付済期間と保険料免除期間を合わせて、25年以上ある老齢基礎年金の受給権のある夫が年金を受けずに亡くなったとき、夫によって生計を維持し、かつ、10年以上婚姻関係のあった妻に60歳から65歳になるまで支給されます。
年金額
夫の1号被保険者期間に基づいて計算した夫が受けるべき年金額の4分の3

★死亡一時金

1号被保険者期間の保険料納付済期間が3年以上ある人が、年金を受けないまま亡くなり、遺族が遺族基礎年金などを受けられないときに支給されます。
一時金の額
 

保険料納付済期間 金額 保険料納付済期間 金額
年金額について
 36月以上180月未満 120,000円 300月以上360月未満 220,000円
180月以上240月未満 145,000円 360月以上420月未満 270,000円
240月以上300月未満 170,000円 420月以上 320,000円

4.保険料の免除

1 申請免除

第1号被保険者(強制加入者に限る)が何らかの事情で保険料の納付が困難な場合は、申請により免除を受けることができます。

(全額免除)
○保険料の全額を免除する制度です。
(4分の3免除)
○保険料の4分の3を免除する制度です。
(半額免除)
○保険料の半額を免除する制度です。
(4分の1免除)
○保険料の4分の1を免除する制度です。
※保険料の一部免除(4分の3免除、半額免除、4分の1免除)の承認を受けた期間は、減額された後の保険料を納めない場合、未納扱いとなります。

(申請)
町民課国保年金室または最寄りの各支所で「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」を提出してください。
※必要なもの:年金手帳、印鑑、離職票または雇用保険受給資格者証(申請の前年度以降に離職している場合)

免除の承認期間は、7月~翌年6月までとなります。

2 若年者納付猶予制度

所得が少ない若年者の保険料の納付を猶予する制度です。

(対象)
30歳未満で、本人と配偶者が一定の所得未満の方

(期間)

30歳に到達する月の前月まで

(申請)
町民課国保年金室または最寄りの各支所で「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」を提出してください。
※必要なもの:年金手帳、印鑑、離職票または雇用保険受給資格者証(申請の前年度以降に離職している場合)

(備考)

  •  この期間は年金を受けるための必要な期間に算入されますが、年金額には反映されません。
  • 10年以内に追納すると通常に納付した期間と同じ扱いになります。
  • 若年者納付猶予期間中の障害事故については、障害の程度に応じ障害基礎年金が満額支給されます。
  • 納付猶予の承認期間は7月~翌年6月まで(初年度は4月~翌年6月)ただし、30歳に到達する月の前月までの期間となります。

3 学生納付特例制度

学生期間中の保険料の納付を猶予する制度です。

(対象)
学生の方で本人に一定以上の前年所得がない方
(申請)
町民課国保年金室または最寄りの各支所で、「国民年金保険料学生納付特例申請書」を提出してください。
※必要なもの:年金手帳、印鑑、在学証明書(原本)または学生証の写し

(備考)

  •  この期間は年金を受けるための必要な期間に算入されますが、年金額には反映されません。
  • 10年以内に追納すると通常に納付した期間と同じ扱いになります。
  • 届出は卒業するまで毎年必要です。

5.国民年金に関する手続き・問い合わせ先

  国民年金に関する手続きや不明な点は、下記へ問い合わせてください。

厚生年金に関すること、受給の始まった年金に関することは、宮古年金事務所へ問い合わせてください。

共済年金、企業年金、国民年金基金、労災年金、恩給などについては、それぞれの取扱機関へ問い合わせてください。

 

◆国民年金に関するお問い合わせはこちらへ

  ○宮古年金事務所

   住  所 〒027-8503 宮古市太田1-7-12 

   電話番号 0193-62-1963

   ホームページ http://www.nenkin.go.jp/section/soudan/iwate/miyako.html

 

  ○岩泉町役場

町民課国保年金室 電話番号 0194-22-2111(内線224、ぴー00-0224)

 

 ◆年金関係リンク

  ○日本年金機構

   http://www.nenkin.go.jp/

お問い合わせ

町民課
住所:〒027-0595 岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字惣畑59-5 本庁舎2階
TEL:0194-22-2111
町民課 国保年金室
TEL:(内線:224)